映画「ワンダーウーマン」感想・評価

他のDCEUの映画よりもずっと楽しかったです。それは言われて、それはちょっと頭がおかしい。物語は私には少し平らになった。それはかなり予測可能だった(私はAresが本当にそのキャラクターがスクリーンに来るとすぐに誰であるかを知ることができた)。スティーブの秘書(正直なところ彼女の名前を覚えていない)はとても重要なメモです。彼女は明らかにいくつかの漫画の救済に書かれていたが、彼女はちょうど本当の気分に終わらなかった。たとえば、Steve(死んでいると推定されていた)は奇妙な女性と出会うが、彼女はそれに疑問を抱かない。全シーンが一般的に私にはばかげているとは言いません。このノートブックを彼の上司に戻すことは信じられないほど重要だから、なぜダイアナを駄目にする時間が欲張りなドレスに挑戦するのか、スティーブは明らかにしました。私は、ダイアナが彼女の中で戦おうとするとドレスを裂くという面白い場面を持つことを知っていますが、映画の文脈では意味をなさないのです。私は戦争シーンが好きだったと言いますが。当時の戦争を正確に描写したような気がした。人の目に絶望、痛み、恐れ。そして、映画にはPTSDの要素があったことも好きだった。それはそこに現実主義の別の層をもたらしました。それらは私が感謝した物語のいくつかの側面でした。

CGIは貧弱でした。確かに最悪のことではありませんが、緑色のスクリーンの前に立っていることはかなり明白でした。そして彼らは戦闘シーンでスローモーを過ごしました。

私はこのレビューがかなり否定的だと思っていますが、正に、映画はまだ本当に面白かったです。そして、私は、より多くの女性の映画、特に女性のスーパーヒーローを見ることに感謝します。私はちょうど人々がそれをされているいくつかの巨大なゲームのチェンジャーとは思わない。

ワンダーウーマン映画動画 無料 フル 視聴

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク